ローンの相談をする

 住宅ローンの返済に行き詰まってしまった場合には、ただ漫然と手をこまねいているのではなく、債権者の協力を得てマイホームを任意売却する方向で努力してみる方がよいです。通常、住宅ローンの滞納が続けば、住宅ローンを組んだ金融機関が設定している抵当権に基づいて差し押さえがなされます。差し押さえ登記がなされたとしても売却することはできますが、その効力を抵当権者に対抗することはできません。そもそも差し押さえ登記がなされているような物件を購入してくれるようなもの好きはまずいません。でも、そのまま競売にかけられてしまうことになると、大切なマイホームが市場価格の半値以下で売られてしまうことになります。しかし、債権者の協力を得て任意売却することができれば、市場価格に近い価格で売却できる可能性が生まれます。

 自己所有不動産を売却するためには、設定されている抵当権をキレイに抹消する必要があります。抵当権分の価格を差し引いた形で売却するという方法もありますが、いつ抵当権が実行されるかわからないような物件を購入したがる人はほとんどいません。しかし、住宅ローンの返済に行き詰まって自宅を売却しようとしている人の不動産には、必ず抵当権が設定されています。通常は住宅ローンを完済しない限り抵当権を消してもらうことができないのですが、債権者が抵当権の抹消に協力してくれるケースがあります。ただし、素人が相談を持ちかけても対応してもらえない可能性が高いので、任意売却専門業者を利用するのが得策です。最近は、任意売却物件を取り扱う専門業者が登場してくるようになり、面倒な金融業者との交渉なども全部やってもらえるようになっています。