日本のお金

間取りなどを自由に決めることができると言うことで、注文住宅を希望する人もいます。注文住宅のプラン決めで、一番力を入れるのはリビングと言う家庭は多く、併せてダイニングもしっかり考えられることが多いです。 ダイニングは心地良く豊かな空間であるべきと考えられていますが、そのためにはどこに配置するかがポイントになります。しかし、各家庭のライフスタイルによって変わってくるので、柔軟に考えることが大切です。注文住宅のダイニングはここに配置しなければいけないと言う決まりはありません。 また、ダイニングテーブルは少し大きめのもの選ぶようにしましょう。小さいと食事以外のことをする時に、狭さを感じることが多くなります。

ダイニングの種類は何種類かありますが、リビング独立型とキッチン独立型は代表的です。しかし、最近ではLDK一体型の注文住宅も多くなってきました。これは、キッチンもリビングも独立していないので、広々として開放的です。ただ、調理中のけむりやにおいはリビングにまで広がりやすいので、換気扇の設置場所などには十分配慮しましょう。 また、LDK一体型と言っても、リビングとダイニングの雰囲気を分けることが基本です。同じ空間でも天井高を変えたり、照明やラグの雰囲気を変えると、空間にメリハリがつきます。さらに、LDK一体型でもリビングとダイニングの間にキッチンを配置して、それぞれを違うコーナーのように見せる方法もあります。