電話で対応する

住宅を購入する場合に多くの人が住宅ローンを組んで購入します。住宅を購入する際にはその後の返済を考え数十年スパンで資金計画を立てたうえで月々の返済金額を決定します。しかし残念ながら全ての人が借りたローンを完済できるわけではありません。中にはローンが支払えず住宅を手放さなければならないケースもあるのです。 住宅を手放す方法として大きく分けて二通りのケースが考えられます。競売と任意売却です。住宅ローンの支払いが滞った場合銀行などお金を貸している機関はローンの契約主に督促状を送り支払いを催促します。それでも支払いや連絡がない場合には三か月程度をめどにローンの保証会社などに残債を一括請求します。ここで保証会社から銀行などに支払いが行われればその後この保証会社から建て替えた金額をローンの契約主に一括で請求します。ここで返済されなければ住宅は競売にかけられそこでついた値はローンの返済に充てられます。この競売になる前にローンの契約主主体で住宅を売却することを任意売却といいます。

住宅ローンの支払いが遅れた場合ローンを組んでいる銀行から督促状が届きます。さらにこの督促状も無視すると銀行はローンの保証会社に一括で残債の請求を行います。次にローンの契約主に来る情報というのは残債を一括返金してくださいというものです。これができなければ住宅は競売にかけられ競売で得られた費用は残債に充てられますが、一般的には競売で得られた費用では残債をまかなうことはできません。一方で任意売却ではより相場に近い価格で住宅を売ることができるので残債の負担を減らすことができるのです。 もちろん任意売却を行うためには銀行やローンの保証会社と相談をしたうえ銀行などの了承が必要です。 そもそもローンの支払いが困難になった時点で銀行に連絡することで残債の返済方法について話し合いが持てるケースが多いのです。こうした話し合いによっては任意売却も行わなくてもよいかもしれません。ですから支払いが困難と分かった時点で銀行にいち早く相談することが大切なのです。